AVR-8900電源・制御<基板ユニットメーカー:秋葉原ユニエル電子(Home)
有限会社ユニエル電子 ※ These products are sold only in Japan. お問い合わせ サイトマップ

 ■+/-共用直流定電圧電源キット:AVR-8900
 正電圧/負電圧・共用基板の採用で別購入の3端子レギュレーターにより電圧・正負どちらかの一方の定電圧基板を製作。ドロップ型の直流定電圧。
小型のため、試作実験・機械組み込みに最適です。(下記、写真は組立例)

AVR-8900

出力電流:0.2A(IC規格 1.5A) 基板寸法:55×25×30Hmm

*0.2A以上の出力(1Aが限度)でご使用の場合は、必ず、レギュレーターを
 放熱して下さい。

■AVR-8900取扱説明書(PDF:60KB)

□小型単電源[AVR-241PAVR-781G]
※別売レギュレーターによる入出力参考表(負電源用は79xxシリーズです。)
レギュレーター DC OUT AC IN DC IN
7805(7905) DC+ 5V (DC- 5V) AC 7V DC 10V
7806(7906) DC+ 6V (DC- 6V) AC 8V DC 11V
7812(7912) DC+12V(DC-12V) AC 12V DC 17V
7815(7915) DC+15V(DC-15V) AC 14V DC 20V
7824(7924) DC+24V(DC-24V) AC 17V DC 29V

[■車載用バッテリー/シガーライターでDC12Vを作る]

LM-2940CT-12

 DC12VのCCTVカメラを車載用バッテリーやシガーライターで使用する場合は定電圧回路を使用すると安全です。
車載用バッテリー等は公称値よりも高い電圧(DC13V以上)が出力されCCTVカメラの故障の原因になります。
 そこで定電圧回路AVR-8900のご使用をお勧め致します。通常の3端子レギュレーターではドロップ時の電圧差が
2V以上必要ですが、LM-2940CT-12を使用した場合、0.8Vの電圧差で駆動可能です。
[▲TOP]