SL183M日東光学<CCTVレンズ専門店:秋葉原ユニエル電子(Home)
有限会社ユニエル電子 ※ These products are sold only in Japan. お問い合わせ サイトマップ

■日東光学 (NITTOH KOGAKU K.K.)レンズ一覧
日東光学

[メーカー紹介:日東光学(株)]
光学機器の老舗。フィルム時代のコンパクトカメラの多くにレンズがOEM供給され、レンズ名「コミナー」も有名。各社デジタルカメラのレンズユニットも手がけています。現在「Theia」レンズは、低歪曲の広角レンズの利点を生かし極地定点観測や、NASA地球環境無人監視機にも利用されています。



■183シリーズ
広角側水平画角:105゜(1/3"型)で「魚眼では無い」低歪曲ズームレンズ。
メガピクセル・D/N対応
注:天地逆像

焦点距離

絞り値

絞り機構

対応カメラ

最短撮影距離 価格 メーカー 型番 備考
1.8-3mm F1.8-C 手動 1/3"型CS 0.5m 税込:35,690円(税別:33,047円) Nittoh SL183M 超広角ズーム

型 番 SL183M
価格 税込:35,690円
(税別:33,047円)
焦点距離 1.8-3mm
絞り範囲 F1.8-C
最短撮影距離 0.5 m
適合撮像素子 1/3"型
マウント CS-mount
画角(1/3"時) 105°-77°(水平)
本体寸法 38x43.5x49.34(54.24)Lmm
デイストーション -0.5%以下(水平)
本体重量 59g
フィルター径 -
絞り/距離 手動/手動
備考 MEGAPIX・D/N対応・天地逆像

SL183M

1.8 - 3mm
1/3"CS

[仕様書:PDF書類(168KB)]
SL183M寸法図

[D/N対応=DAY&NIGHT(昼夜兼用)の近赤外域対応(IR)レンズ]とは
いままでの可視光線(肉眼で見える光線)用レンズでは、赤外線LED(850nm近辺)を照射した夜間撮影の場合、可視光と赤外光でピント位置が大きく異なっていました。これは赤外線(IR=INFRARED)の屈折率の違いから生じています。特殊ガラス(LDガラス)等の採用と最新の光学設計により、ピント差の少ない、シャープな撮影が可能になりました。DAY&NIGHTカメラとは昼間はカラー撮影、夜間は白黒(IR)撮影可能な昼夜兼用タイプのカメラです。近赤外感度のある白黒カメラでもご使用いただけます。

Theia(シーア):各シリーズ [総合カタログ:PDF書類(1.4MB)]
リニア光学技術により、これまで非常に難しかった広角と低歪曲の2つの利点を両立させた、画期的な新しいレンズ。


※日東光学(株)WEBページ URL:http://www.nittohkogaku.co.jp/

[▲TOP]