トレインスコープ:TC-9 <CCTVカメラ・Cマウントレンズ専門店:秋葉原ユニエル電子
有限会社ユニエル電子 ※ These products are sold only in Japan. お問い合わせ サイトマップ

 ■トレインスコープ
1.2GHz帯のトランス・ミッター内蔵の27万画素1/4"型CMOSカメラ。レールより供給された電源を小型バッテリーに蓄積して送信します。見通し4-5m位距離のレイアウトなら良好な画像を転送します。遮蔽物(金属等・電磁波の出るもの)は電波が遮られ画像が乱れたり、映らないのでご注意下さい。専用チューナーで映像受信。

■トレインスコープ・セット(TC-9 + Morse-typeS)  税込13,165円(税別:12,190円)

型番:TC-9(トレインスコープ)

TC-9全景
< TC-9製品仕様>
■カメラ部+送信部
 カメラ:総画素数27万画素
     1/4"型CMOSカメラ
 レンズ:φ0.8mmピンホールレンズ
 トランスミッター(送信器):1.2GHz帯
  (※1ch・3ch・5ch・7ch・10ch・16chの
    内いずれか1種固定)
 送信可能距離:約30m(メーカー値)
     ※実質:見通し距離で4-5m

■コントローラー部・充電池
 ACコントローラー・DCコントローラー
 自動切替
 電源:
  レール電圧:4.5V-35V
  消費電流:130mA(最大時・電源4.5V時
  充電池:1.2V 80mA


HOゲージ搭載 Nゲージ搭載 Zゲージ搭載
< 参考資料 >
 ・メーカーチラシ外税版(旧) (PDF書類:224KB)
TC-9取扱説明書(PDF書類:144KB)
Morse-typeS取扱説明書(PDF書類:88KB)

< TC-9詳細 >
1)充電池が空の場合は停車中にカメラの映像が映りません。しばらく走行させると充電され停車時でも映像がご覧頂けます。
2)レール電圧がDC4.5V以上になると本体の電源が充電池からレール側に切り替わり充電が始まります。
3)集電板接続ケーブルには+/-の極性はありません。
4)メーカー出荷時にレンズから約15cmの距離にピントが合わせてあります。ピント距離の変更も可能です。
5)1.2GHz帯の専用帯域の転送方式です。専用受信器(専用チューナー:Morse-typeS等)をTV等に接続し使用します。
6)カメラ+送信部には固定周波数のチャンネル(ch)が始めから割り振られています。複数の車両に車載する場合は異なるチャンネルのカメラ+送信部が必要です。
 チャンネルは数種類(1ch
3ch5ch・7ch・10ch16ch等:時期によって品切chあります。)。


型番:Morse-typeS(専用チューナー)
トレインスコープ TC-9専用チューナ。チューナー(受信器)の出力をTVの外部映像入力端子・VTRの外部映像入力端子に接続します。
受信は映像のみで音声はありません。TC-9のチャンネルに、チューナー(受信器)のチャンネルを側面スイッチで設定すれば準備完了。

< Morse-typeS製品仕様>
■受信器
 受信周波数帯域:1.2GHz帯(※3種のチャンネルを側面スイッチで切替)
 受信感度:-70dBm
 映像出力:NTSC(※TV/VTRの外部映像入力端子に専用ケーブルで接続)
 電源:DC6V ・270mA(※ACアダプター付属)
 寸法:76×68.6×14.9mm(アンテナを除く)・重量:40g


専用チューナー(受信機)

専用映像ケーブル


付属ACアダプター
(Morese用電源)

[ご注意]
前モデル(2005年の価格改定以後)では専用チューナーが簡易型BS-10SLでチャンネル固定の専用チューナーでした。
前々モデル(2004年末頃)では専用チューナーがBS-10Sで、背面スイッチでチャンネル切替が可能でした。

秋葉原の「ポポンデッタ」さんの一軒お隣です。
お帰りの際、お訪ね下さい。

[▲TOP]
www.popondetta.com